スティックセニョール/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

スティックセニョールについて

説明科名:アブラナ科

学名:Brassica oleracea

原産地:日本

草丈:20cm

栽培難易度:★初心者向け

・植えつけ:初秋(8月下旬~9月中旬)
春(3月下旬~4月中旬),秋(8月下旬~9月中旬)
春植えもできますが,高温期の虫害対策(アブラムシ)が大変なので,夏に植えた方が安心です。
株間を40cmとり,苗を植えつけるための穴を掘ったところに,水をたっぷりと注ぎます。
水が引いたら,苗を入れ,株を安定させます。

・剪定や摘芯:
植えつけから1.5か月が経過すると,頂花蕾が10円玉ぐらいの大きさになります。
このタイミングで,頂花蕾をハサミで摘芯し,側花蕾を伸ばします。

・肥料:1回目の追肥:植えつけから2~3週間後に,化成肥料を追肥し,土寄せします。
2回目の追肥:1回目の追肥から2~3週間後に,2度目の追肥を行います。

収穫
5月中旬~6月下旬,10月下旬~12月(約1.5か月)
側花蕾が20cmぐらいになったら,収穫です。
茎ごと,ハサミで切り取ります。


手入れ
根腐れをおこしやすいので,土が乾いている時にのみ水やりをするようにしましょう。
花蕾がなった後は,肥料切れを起こさないように注意しましょう。


おすすめの土壌の状態(用土)
市販の培養土を利用し,プランターで作ることがおすすめです。


育てるコツ(栽培方法)
アブラナ科なので,アオムシには要注意です。
アオムシにやられると,多大な被害につながるので,早めの防除が大切です。

育てたスティックセニョールを使ったオススメレシピを紹介します!

スティックセニョールレシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする