枝豆/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク


枝豆について

説明科名:マメ科ダイズ属
主な開花期:6~7月ごろ
学名: Glycine max (L.) Merrill
原産地:中国
栽培難易度:★★

1、時期:枝豆の種まきに向いている時期は4月~6月ごろとされています。
種をまいてから収穫まではあまり時間がかからないので、初心者でも比較的育てやすいとされていて、苗から育てる場合はさらに育てやすいとされています。
プランターなどで育てることができます。植えつける時には、先に土を用意しておかなくてはいけません。最初の土は肥料がしっかりと入っているほうが良いとされています。
土は他の植物を育てたものではなく、新しく用意する必要があるとされています。苗を購入してきて植え付けするときは、間隔をあけて植え付けしてください。
葉が沢山生えてきたら間引きを行います。雑草の処理をきちんと行うことで、しっかりと枝豆が育ってくれます。日当たりの良いところにプランターを置くのが適しています。肥料は根を作るときには沢山必要ですが、その後は与えすぎてはいけないとされています。収穫は、花が咲いたあとすぐになります。枝豆の花は小さいのでとてもわかりにくいです。そのため、咲いてないと思って、収穫のベストタイミングを逃さないように注意しましょう。

2、おすすめの土壌の状態:枝豆は比較的どんな土でも育てやすいとされています。一番良いのは、水分をしっか 
りと蓄えている土で、少し粘土っぽい土のほうがよく育つと言われています。土の酸性度は6くらいが良いようです。湿った土のほうが良いことからも、水やりをしっかりと行うことが大切です。6月の梅雨の時期は、土が湿りがちになるので、水をやり過ぎないようにして、土が乾燥しやすい時期はしっかりと水やりをしましょう。

3、手入れ:枝豆がかかりやすい病気というものがあるようなので、それらの対策と虫が寄り付かないようにすることが、おいしい枝豆を作るのに一番のポイントになります。これらは土の消毒によって防げるようです。

4、育てるコツ(栽培方法):間引きを終えた後は、さほど手間がかからないのが枝豆栽培の良いところです。茎が長く伸びてくると、支えきれずに倒れてきますので、支えをしてあげるほうが形良く育てることができます。
途中で茎を切ることで、たくさんの枝豆の収穫が可能になるようです。
少し早めに収穫すると、より沢山の枝豆を収穫することができると言われています。

5、楽しみ方:枝豆の収穫は、遅くなると味に大きく影響してきます。
見た目も黒くなりますし、味も渋くなってしまいます。
おいしいうちに収穫して、塩茹でして食べるのが一番です。
ビールのおつまみにも、お子様のおやつにも最適です。
他にも、サラダにトッピングしてみたりチャーハンなどに入れたり、
色々楽しめます。
 

6、まとめ:枝豆は、庭で育てる場合の方が難しいとされています。そのため、小さなプランター
で育てるのであれば、初心者にもおすすめなので、マンション等でも栽培ができます。
枝豆の種類はとても沢山あるので、色々な種類を栽培してみるのも楽しいのでは
ないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする