セロリ/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

セロリについて

学名:Apium graveolens

原産地:インド、ヨーロッパ、西南アジア

栽培難易度:セロリーは、種植えから始めるのが比較的難しいため、苗を購入して育てるようにするといいでしょう。

・植えつけ:セロリーは一般的に、5~6月中旬に種まきをして、8月中旬ごろから、9月にかけて植え付けを行います。
植え付けにする時には、本葉が7~8枚くらいに育った苗を植え付けるようにしましょう。
畝に、ビニールポットが充分に入るくらいの穴をあけそこに苗を植え付けましょう。
なるべく、苗についていた土を減らさないようにして植え付けます。
条間は約60センチ、苗間は約30センチとるようにします。

・剪定や摘芯:
芽が出たら,葉が重なる毎に間引きましょう。
間引いた葉は,そのまま食べられます。

収穫
セロリーは、 植え付けてから、60日ほどで収穫の時期を迎えます。
目安としては、葉の色が薄くなってきたら収穫の時期です。
草の丈が30センチ以上になったら苗の外側の葉から刈り取っていきましょう。


手入れ
セロリーは、肥料を、水を欠かさないように心がけましょう。
乾燥から守るために、わらを敷くのもお勧めです。


おすすめの土壌の状態(用土)
2週間ほど前になったら、土に苦土石灰をまぜ、1週間前になったら堆肥と化学肥料も入れて、しっかりと土づくりをしておきましょう。
幅1メートルくらいの畝を作っていきましょう。


育てるコツ(栽培方法)
害虫対策としては、アブラムシ、ハダニなどに注意しましょう。
苗を作るところから行いたい場合は、育苗箱を使いましょう。
5センチ間隔で、溝を浅く作り条まきにして種をまきます。
まいた後は土をかぶせ、水をたっぷりとやっておきます。
土は、ふるいにかけながらかけると薄くかけることができて便利です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする