ジャガイモ/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

ジャガイモについて

説明科名:ナス科ナス属

学名:Solanum tuberosum L.

原産地:南米のアンデス山脈

栽培難易度:★★

比較的初心者でも育てやすい野菜です。

 

1、時期:春作、秋作可能。(ここでは春作を説明します。)2月下旬から3月上旬に植えて、収穫が6月上旬から下旬。栽培期間は約90日。植え付け:5cm掘った穴に、種いも(栽培用)おいて、土をかぶしてから、水をしっかり与えましょう。種いもが大きい場合は半分に切って植えましょう。剪定や摘心:芽かき(不必要な芽を取り除くこと)が必要です。植え付けからしばらくすると、何本か芽が出てきます。10cmくらいになったら、3~6本の芽のうち、元気な2~3本を残して抜いて下さい。肥料:肥料はほとんど必要ないです。収穫:6月になり葉が黄色く枯れはじめていたら、収穫時期です。晴天が2、3日続いた後の収穫がいいです。土の中を少し探って、ジャガイモがおおきくなっていれば株元を持って、引き抜いてみましょう。収穫後は、土地を落として、日のあたらないところで乾かします。その後は段ボール箱等に入れて、暗い場所に保管するといいでしょう。

2、おすすめの土壌の状態:植え付け2週間前までには、土作りをすませておきましょう。苦土石灰入れて耕しておきましょう。プランターで育てる場合は、大型サイズのプランターに培養土を入れれば、簡単で便利です。

3、手入れ:植え付けた直後は水やりをしっかりとしましょう。その後は殆ど必要ないです。プランターで育てている場合は用土が乾いていたら、あげて下さい。しかしながら後期には少し乾燥気味に育てましょう。

4、育てるコツ(栽培方法):種イモ選びも重要ですので、しっかりとしたモノを選びましょう。また芽かきも必ずしましょう。茎を残しすぎると、実の数は増えますが、一つ一つのサイズが小さくなってしまうので要注意です。また収穫時期も重要になりますので、花が咲き終わり、葉や茎が黄ばみだしたら、お天気と相談しながら収穫の準備をしましょう。

5、楽しみ方:比較的に簡単に手をかけずに栽培出来るので初心者にはおすすめです。また種イモにはスーパー等ではなかなか手に入らないような、珍しい品種を選ぶのも面白いです。

6、まとめ:種イモ選びと、芽かきをしっかり行えば、初心者でも簡単に育てられるので、おすすめ栽培です。またジャガイモにはビタミンCが・ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・鉄・カリウムがなどでが豊富に含まれています。ガン・高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防に良い栄養がたっぷり含まれる健康野菜な上、保存もきくので、是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする