ヒマワリ/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

ヒマワリについて

•説明科名/属名:キク科/ヒマワリ属

•別名:向日葵/サンフラワー/日車(ひぐるま)/日輪草(にちりんそう)

•科学名:Helianthus annuus

•原産地:北アメリカ

•高さ:約25cm(ミニヒマワリ)〜3.5m

•主な開花期 :7月〜9月

•植物の種類:ほとんどの品種は一年草

•栽培難易度:★★

1、ひまわりの基本情報

•どのような花か:花屋さんでも夏の時期は切花、鉢花としてよく見かけますが、今日では様々な品種があり、一般的に知られているヒマワリとは一味違う品種も多くあります。しかしながらほどんどのヒマワリが一年草のキク科のお花です。アメリカ原産です。日本語はではヒマワリの漢字表記は「向日葵」で、「日回り」と表記されることもある。実際にヒマワリの語源が太陽(日)を追いながら回っているからだそうです。

•植えつけ/植え替え時期:植え付けは春に。秋になると枯れてしまうため、植え替えは不要です。昨今では様々な品種のヒマワリがあるので、ご自身の理想のヒマワリの品種の種を選びましょう。

2、ひまわりのおすすめの土壌の状態(用土):

市販の培養土でもいいですが、比較的にどんな土壌でも育ちます。肥料を与えすぎもよくありません。プランターや鉢で育てる場合はとても大きくなることはありません。株間をあけて種付きした上に、庭などの根が育ちやすい環境ですと大きく育ちます。

・種まき/少し耕した土壌に3、4cmくらい指を入れて、その中に種を一つずつ押し込みます。そして優しく土を被せます。種まきはなるべく夕方に行いましょう。株間をあけると大きく育ちます。

3、ひまわりの手入れ:

日のあたる場所で育てましょう。朝と夕方の水やりをしっかりしましょう。

4、ひまわりの育てるコツ:

風通しが良く、日光にたくさんあたる環境で、元気に大きく育ちます。種を採らない場合は、花びらが散ってしまった花は取り除いた方が良いでしょう。

◼︎切花のヒマワリ◼︎

花瓶の水は3〜5cm入れれば十分です。茎が腐りやすいためです。長持ちさせるためには、茎を少し短めにすると栄養(水)が届きやすいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする