大葉/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

大葉について

説明科名:シソ科

学名:Perilla frutescens var. crispa

原産地:中国中東地方

草丈:30~40cm

栽培難易度:★初心者向け


・植えつけ:春(5月~6月下旬)
ポイントは,苗を植えつけるための穴を掘ったところに,水をたっぷりと注いでおくことです。
株間は20cmほど,とっておきます。
水が引くのを待ってから,苗を入れ,株を安定させます。
苗を植えつけた後は,たっぷりと水をやりましょう。
気温が上がると,温度調節が難しくなるため,早めに植えつけたほうが安心です。

・剪定や摘芯:
発芽して,草丈が5cmぐらいになったら,間引きをします。
株が密集すると,風通しが悪くなり,ハダニなどの害虫が発生します。
間引いた葉も,普通に食べられます。
草丈が15cmぐらいになったときに摘芯を行うと,わき芽が増えて,たくさん収穫できます。

・肥料:1回目の追肥:植えつけの2週間後が1回目の追肥のタイミングです。
2回目の追肥:1回目の追肥の2週間後に,2回目の追肥を行います。

収穫
6月中旬~9月下旬(約1.5か月)
植えつけから40日ぐらいすると,草丈が30~40cmになり,収穫適期となります。
収穫の時期は,月に2回程度,追肥を行います。

手入れ
大葉は乾燥に弱いので,水切れしないよう,水やりは欠かさずやりましょう。

おすすめの土壌の状態(用土)
土質はあまり選ばず,極端に乾燥しなければ栽培できます。
水はけのよい土地であれば,耕しておくだけでも育ちますが,植えつけの1週間前
までに,石灰と肥料で土づくりをし,高さ10cmの畝を立てておきましょう。
植えつけたタネが流れ出ないよう,土づくりの段階で十分な水やりをしておくのがポイントです。

育てるコツ(栽培方法)
高温期に乾燥すると,ハダニがつきやすくなるので,葉の表裏に水をかけましょう。

育てた大葉を使ったオススメレシピを紹介します!

大葉レシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする