冬瓜レシピ

スポンサーリンク

ここでは、冬瓜のオススメレシピについて紹介します

料理のまえに豆知識として覚えておきましょう!

一般的に、冬瓜は、生育良く、乾燥にも強い野菜です。しかし、低温には弱いので、寒くなる前に栽培、収穫することをおすすめします。

種子は厚く、発芽が若干しにくいのが特徴です。水に浸水させ、種が十分水を吸ってから種まきを行うようにしましょう。

つるがよく伸びてきますが、茎と葉が込み合ってくると生育に悪影響です。整枝を行うようにしましょう。昆虫が少ない時期に開花した場合には、人口交配を行うようにします。最初は肥料を控えめにすることを心がけましょう。比較的病害虫には強い野菜ですが、高温期にはアブラムシなどが発生する可能性があります。

1個がかなり大きいので、1つ収穫できればいくつもの料理に活用することができます。冬瓜は加熱調理に適した食材です。冬瓜そのものはかなり淡泊な味わいなので、あらゆる食品と組み合わせて調理することをおすすめします。

<冬瓜と豚肉の煮もの>
冬瓜  1/4個
豚肉  150g
ごま油  大さじ1
豚柄スープ  50cc
オイスターソース  大さじ1
醤油  大さじ1
酢  大さじ1

作り方

冬瓜を厚さ1cm程度のいちょう切りにします。
フライパンにごま油をしき、豚肉を軽く炒めます。
冬瓜を加えてさらに炒めます。このとき、油が少なくなっていれば、油を追加した方がよりおいしくなります。
油と冬瓜が馴染んだら、調味料を加えます。鶏がらスープの用意がなければ、中華だしでもおいしく作ることができます。
焦がさないよう中火から弱火で煮ていきます。
冬瓜が透き通るくらいになれば完成です。

冬瓜が透き通るくらいになれば完成です。冬瓜は川が硬いので、皮つきのまま小さく切り、それから皮を切り落とすと簡単に下処理することができます。
豚肉の代わりに鶏肉を使用してもおいしく作ることができますし、オイスターソースがなければ、醤油を多めに入れてもおいしく作れます

まとめ

冬瓜は低カロリー食材として、ダイエットしている方には人気の食材です。
また、実が大きくなる際にはうぶ毛が取れて熟していく様子が非常に冬瓜栽培の楽しみでもあります。ぜひチャレンジしてみましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする