カリフラワー/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

カリフラワーついて


説明科名:アブラナ

科
学名:Brassica oleracea var .botryis

原産地:地中海沿岸

栽培難易度:ブロッコリーの変異種がカリフラワーです。
比較的、初心者でも育てやすい葉物野菜の一種です。

時期

・植えつけ:ブロッコリーは、苗から育てるのが一般的です。
苗は、7~8月ごろから出回ります。
約60センチの畝に、苗と苗の間隔を40センチほどあけて植えていきます。
苗のポットの土をなるべくつけたまま植え付けるとよいでしょう。
また、苗を植えたら、わらなどをかけて乾燥から守るようにしましょう。

・肥料:定植した苗が根付いたら、2週間ほどしてから追肥を行いましょう。
次に中心部に花蕾ができたら、追肥し、土寄せをしましょう。

・収穫:カリフラワーは、花蕾15センチほどになったら収穫時期です。

おすすめの土壌の状態(用土):土に苦土石灰をまぜ中和させて、堆肥と化学肥料も入れておきましょう。
植え付けをする2週間前には準備しておきましょう。
連作をきらいますので、アブラナ科の作物を作成してから3~4年たった場所に植えるようにしましょう。

手入れ:手入れとしては、カリフラワーは、ヨトウ虫などが発生することがありますので農薬を用いることもあります。
農薬の取り扱いは充分使用上の注意を守って厳重に行うようにしましょう。

育てるコツ(栽培方法):
カリフラワーは、花蕾が5~6センチほどになったら、花蕾を守るために周りの葉でつつんでひもで結んでおきましょう。こうすることによって、日よけにもなりカリフラワーの花蕾の白さを一層白くする事ができます。

まとめ
カリフラワーは、少し広い場所が必要ですが、比較的育てやすい葉物植物です。
害虫を避ける対策をとり、追肥や土寄せを行うとうまく育ちます。
カリフラワーの栄養素としては、ビタミンCがとても豊富な野菜であることがよく知られています。
ビタミンCは美肌効果があるだけでなく、疲労回復にもとても効果があります。
そのうえ、加熱によるビタミンCが減ることが少ないのが特徴です。
またカリフラワーに含まれているイソチオシアネートという成分は、私達の免疫機能をアップさせる働きも期待できます。
味のくせもあまりなく、いろんな料理に使えるカリフラワーをもっと毎日の食卓に登場させたいものですね。
ぜひ、あなたの畑でカリフラワーを育ててみませんか。

育てたカリフラワーを使ったオススメレシピを紹介します!

カリフラワーレシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする