ほうれんそう/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

ホウレンソウについて


説明科名:アカザ科

科学名:Spinacia oleracea


原産地:西アジア

主な開花期:種子まきし、発芽後間引きしながら育てますが、食用以外のものを数株残しておくと花が咲きます。
ホウレンソウの特長として、雄の株と雌の株が別々に咲きます。

栽培難易度:★
ホウレンソウは、初心者でも比較的育てることが簡単な葉物野菜です。
ホウレンソウに含まれている「シュウ酸」の働きによって、害虫が付きにくい作物です。
また、コンテナでも畑にしても育てやすいです。

・植えつけ:ホウレンソウは、品種が豊富で、春まき、秋まきが可能です。
種まきは春まきの場合は、3~4月の初旬から始めましょう。
秋まきの場合は、9月上旬~10月から始めましょう。
種まきは、種を1日水につけて柔らかくしてから行いましょう。
比較的、季節のいい時期に種まきを行うと育てやすいです。
種子は、「ばらまき」をします。種子の上に土をかぶせ、種を隠すようにします。
日当たりのいい場所において、水を与えます。
ただし,霜にあたるとやられてしまうため,霜よけをしておきましょう。

・剪定や摘芯:子葉が開いてきたら、間引きするようにしましょう。
育っていくにつれて、間引きをすることが大切です。
株と株の間隔が狭いとうまく育ちません。
本葉が2~3枚出てきたら、間隔を3~4センチほどあけ、本葉が5~6枚になったら間隔を8~10センチほどに間引いていきましょう。

・肥料:間引きを終えたら、化学肥料を与えるようにします。
また、作物の元気がない時も与えるようにしましょう。

おすすめの土壌の状態(用土):ホウレンソウは、酸性に弱い性質を持っています。
そのため、植え付け予定の1週間ほど前になったら、土に堆肥と化学肥料を入れて、中和させます。

収穫:丈が10センチほどになったら収穫を始めます。
丈が20センチほどになったら、株を根元から引き抜きましょう。

手入れ
手入れとしては、種まき後にたっぷり水をやることです。
そして発芽までは、土を乾かさないように気をつけましょう。

育てるコツ
ホウレンソウは、間引きをすることが育てるコツです。
本葉が出始めたら、葉が触れないように間引いていきましょう。
間引くのは、小さな葉や、変形した葉を間引くのがコツです。
収穫する時は、大きくなったものから収穫し収穫期間を延ばすようにしましょう。

育てたホウレンソウを使ったオススメレシピを紹介します!

ホウレンソウレシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする