植物工場で栽培されている野菜たち

スポンサーリンク

最近、植物工場で栽培されている野菜がスーパーに多く出回るようになってきました。サニーレタス、リーフレタス、ベビーリーフ、サラダ菜、サラダミズナ、サラダほうれん草、サンチュ、菊菜、小松菜、空芯菜、三つ葉、ミニセロリー、ルッコラ、チンゲンサイ、モロヘイヤ、スイスチャード、バジル、イタリアンパセリ、ミニトマトなどいろいろな野菜が栽培されています。

植物工場では野菜や果物を畑ではなく工場で栽培しています。野菜や果物などの植物の成長に必要な光、水、二酸化炭素、養分、温度などの条件を工場で栽培することによって自動で制御をし、最適な環境で育てることができるようになっています。畑とは違って培養液を使って育てる水耕栽培になります。培養液の中には必要な栄養分や肥料が溶かされているため土がなくても育つことができるのです。

必要な光は、天井部分がガラスになっていて太陽光と人工光を使った太陽光利用型と、太陽光をまったく使わないでLED照明などを使用した完全人工光型があります。LED照明のおかげで照明にかかる経費を抑えることができるようになりさらに植物工場の設置が増えてきています。

植物工場での野菜や果物を栽培する利点は、天候や季節に影響されることなく安定した収穫を得ることができるということです。せっかく育てても収穫前に台風や霜で作物が全滅といったこともありません。また無菌状態に近い状態で栽培できるので農薬を使用せずに栽培することができ安全性が高いです。また土で栽培するのに比べて、与えられて肥料をそのまま吸収しやすいので栄養価の高い野菜や果物を作ることができます。

海外でも砂漠の中に大きな植物工場が建設され、毎日新鮮な野菜が出荷されています。それまで新鮮で安くておいしい野菜を食べることができなかったのが、植物工場の建設により食生活が変わってきたという国もあります。日本だけではなくどんな国や地域でも野菜や果物を栽培することができる植物工場の需要は高まっていくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする