今と昔の農業の違い

スポンサーリンク

近年、地球の温暖化に伴い、季節の変化や大型台風の襲来など日本をとりまく環境も大きく異なってきています。

台風や長雨などが農作物に与えるダメージも甚大で、野菜価格の高騰など庶民の財布を直撃していますね。

そのため一流企業が、安定した農作物を供給できるために高効率な野菜工場を作るなど、第一次産業と言われた農業の姿も少しずつ変わってきています。

代表的なのが、工場において野菜の生育に最適化された波長のLED照明を当てることで短期間に大量に野菜を育て収穫するというスタイルです。

これまではベンチャー企業が多かったのですが、半導体等の一流メーカーがシフトチェンジをし、野菜の生育に本腰を上げて取り組むようになっているのが最近の特徴的な傾向となっています。

とある一流企業の野菜工場では、一か月で収穫でき、その収穫量は一般的な土壌栽培の25倍という驚異的な結果を発表しています。屋内の工場での生産なので、天候に左右されることもなく、害虫や病気などの心配もない上に、安定して生産できる点で非常に魅力的な最新の野菜の育て方と言えます。

またこれらの野菜は無農薬なので、有機栽培等に興味がある消費者層にも大いに受け入れられることでしょう。

現在行われているのは、ホウレンソウやレタス、キャベツや白菜などの葉物野菜が中心となっていますが、そのほかにも小さい根菜類なら技術的にも可能で、さらに多くの種類の野菜が野菜工場で作られることになるのかもしれません。

虫等を媒介して受粉させる果物等は工場で製作するのはまだ技術的に難しいそうですが、安定して野菜類が供給される点、栄養面でも露地栽培のものと遜色がない、価格が一定という点など、一般市民にとってはとてもありがたく受け入れやすいですね。

天候や環境の変化に伴い、日本の野菜などを取り巻く事情も少しずつ変化しています。これからは露地で育てられた野菜のほうが付加価値がついて値段は高くなるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする