レタスレシピ

スポンサーリンク

ここでは、レタスのオススメレシピについて紹介します

料理のまえに豆知識として覚えておきましょう!

レタスは、元は丸くはないかたちをしていましたが、現在では品種改良が行われ、多くの種類がある葉物野菜です。

日本では、生でサラダにして食べることが多いですが、熱を加えた料理もたくさん広まっています。

栄養素としては、ビタミンC,ビタミンE、カルシウム、カロティン、亜鉛等を含んでいます。
油と共に摂取することで、カルシウムの吸収率がアップしますので、加熱したレタスをたっぷり食べられる炒め物をご紹介します。

<レタスの炒め物>
・材料2人分
レタス  半分(手でちぎって水で洗い、ざるで水をきっておく)
鶏の胸肉  50グラム(細切りにする)
ベーコン  3枚(みじんぎりにしておく)
塩コショウ  少々
ごま油  適量

作り方

フライパンにごま油をいれて熱し、ベーコンを焦がさないように炒めます。
洗ったレタスを入れて、炒めます。
塩コショウで味を調え、器に盛り出来上がりです。

まとめ

レタスには、ラクツカリウムと言う睡眠の効果があるといわれている成分が含まれています。
また、カルシウムも含まれているので、精神的なイライラを鎮めるのに効果的です。
そのうえ、レタスの語源ともなった茎の部分の白い液体は「乳」の意味を現わしています。
この液体は、ほろっとした苦みを感じますが、食欲を増進させる役目も持っています。
また、肝機能や、腎機能をアップさせる効果も持っています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする