ルッコラ/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

ルッコラについて


説明科名:アブラナ科

学名:Eruca vesicaria


原産地:地中海沿岸~西アジア

草丈:20cm

栽培難易度:★初心者向け

・植えつけ:初秋(8月下旬~9月中旬)
春(4月上旬~7月),秋(9月~11月上旬)
とくに秋植えが育てやすく,おすすめです。
1cm間隔でタネをまき,5mmほどの覆土をします。
土をかぶせるときは,指で土を軽くかけます。ふるいを使ってもよいでしょう。
覆土したら,軽く手でおさえて,タネと土を密着させましょう。

・剪定や摘芯:
ルッコラは,間引きしながら育てるのがポイントです。
1回目の間引き:発芽後,双葉が出たタイミングで行います。形の悪いものを間引い
て,株間を3~4cmにします。間引いたら,株元に軽く土寄せしておきます。
2回目の間引き:次に,本葉が4~5枚前後になったころ,株間を4~5cmにして,1株にします。

・肥料:2回目の間引きの後に,追肥を行い,株元に土寄せします。

収穫
5~8月,10月中旬~12月下旬(30~60日)
収穫までの期間は,高温期で30日,低温期で35~40日,晩秋で60日です。
草丈が15cmになったら,収穫です。
株ごと抜き取るか,外葉から順次,葉摘みします。
葉積み収穫した後に,追肥として液肥を与えると,長く収穫が楽しめます。

手入れ
植えつけた後の水やりでは,水をやりすぎてタネが地表に出てしまわないように注意しましょう。
ルッコラは多湿を嫌うので,水やりは土が乾いたときにする程度でOKです。
梅雨の時期は,雨除け対策が必要です。
アブラナ科なので,アオムシとアブラムシに注意しましょう。
特にアオムシにやられると,葉っぱが穴だらけになってしまい,致命的です。

おすすめの土壌の状態(用土)
土質は選びません。
タネまきの1週間前までに,石灰と肥料で土づくりをしておき,高さ10cmの畝を立てます。
ルッコラのタネはとても小さいので,タネをまく前に,十分な水やりをしておくのがポイントです。

育てるコツ(栽培方法)
ルッコラは,6~8月頃になるとトウ立ちし,花が咲くと葉が固くなってしまいます。
葉しか食べず,長く楽しみたい場合は,あらかじめ摘蕾しておきましょう。

育てたルッコラを使ったオススメレシピを紹介します!

ルッコラレシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする