ラディッシュレシピ

スポンサーリンク

ここでは、ラディッシュのオススメレシピについて紹介します

料理のまえに豆知識として覚えておきましょう!

赤い色がかわいいラディッシュは、牛乳パックなどでの栽培も可能です。

早い収穫が可能な野菜であることから、これから初めて家庭菜園を行いたいという方でも、家に庭がないという方でも気軽に始めることができます。

色味として加えられることの多いラディッシュですが、栄養価も高いので、多くの料理に加えるのがおすすめです。

<野菜のピクルス>
にんじん  1/3本
セロリ  1/3本
きゅうり  1本
ラディッシュ  4個
マジックソルト  適量
塩  小さじ2
みりん  大さじ4
砂糖  100g
酢  400g

作り方

野菜をそれぞれ乱切りにします。
野菜を合わせて塩をまぶし、しばらく置いておくと水が出てきます。その水をさっと洗って水気をとりましょう。
調味料を煮立てて、野菜を漬け込み、1日以上置きます。
食べる前にマジックソルトで軽く味付けします。
1週間から10日程度は冷蔵庫で保存が可能です。
野菜そのもののみずみずしさを堪能することができるおいしい調理法です。ぜひお試しください。
また、根の部分は加熱調理しなくても、生でそのまま食べることもできます。薄切りにしてサラダの食材として利用することもおすすめです。
野菜は基本的に生食の方が、栄養価をそのまま体内に摂取することができますので、新鮮なとれたての野菜を生でサラダとして食べるのも非常に良いです。

まとめ

まとめ:ラディッシュの別名は二十日大根です。こちらの呼び名の方が馴染みのある方もいるでしょう。この名前の通り、約30日程度で収穫できてしまう小さな大根だと思って頂ければ良いです。
短期間で収穫が可能であることから、栽培と栽培の間に作る、間作が可能な野菜です。栄養価も非常に高い野菜で、食後に食べることによって、消化を促進する作用もあります。
よく使用されるのは、根の部分ですが、葉の部分にもカロテンやカルシウムなど、豊富に栄養素が含まれていますので、お浸しやみそ汁の具として使用することをおすすめします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする