ラディッシュ/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

ラディッシュについて


説明科名:アブラナ科

科学名:Raphanus sativus

原産地:原産地に様々な説が存在しますが、地中海沿岸から中央アジアにかけてではないかとされています。

草丈:15cm

主な開花期: 夏

栽培難易度:★★
比較的簡単で、初心者向けの野菜です。

時期

・時期:春、秋

・植えつけ:春は3月中旬から6月下旬
秋は9月上旬から11月中旬

・摘芯:発芽後、双葉が出た頃に、間引いて1か所1本にします。その後、土を寄せてておきましょう。

・開花: 花は咲きません

・肥料:種まき2週間前くらいに、1m2あたり苦土石灰を100gまいてよく耕しておきましょう。種まき1週間前には、1m2あたり堆肥2kgと肥料120gを土に混ぜ込むと良いです。

・収穫:春は4月中旬から6月下旬
秋は9月上旬から11月中旬

おすすめの土壌の状態(用土):適度に湿った状態を保つことが重要です。

手入れ:適宜間引きを行うことをおすすめします。ラディッシュは3~4日程度で発芽します。その際、生育の良いものを残し、3~4cmに1株になるよう間引きしていきます。
間引きした後は、根元に軽く土を寄せて、倒れないようにすると良いです。

育てるコツ(栽培方法)
通常スーパーで販売されているようなラディッシュのように、根を丸く太くさせるためには、間引きを適宜おこなっていくことが重要です。
また、春に栽培する場合には季節柄害虫が発生しやすくなります。無農薬栽培をしたいという方は、毎日の水やりの際に害虫がいないかチェックし、害虫がいる度に取り除きます。ただ、これはかなり難しく、取りきることができないことが多いです。
そこで、寒冷紗という布で覆うトンネル栽培を行うことが効果的です。
地面より20cm程高くなるように、支柱や太めの針金を逆U字型に立てて、そこに遮光率の低い寒冷紗をかぶせます。このとき、土と寒冷紗の間に隙間ができないようにしましょう。また、一度に多くを収穫するのではなく、1週間程度あけてから
1回ずつ種まきをすることによって、成功しやすくなります。

育てたラディッシュを使ったオススメレシピを紹介します!

ラディッシュレシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする