ミズナ/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

ミズナ


説明科名:アブラナ科

科学名:Brassica rapa var. laciniifolia

原産地:日本

草丈:30~40cm

主な開花期: なし

栽培難易度:★初心者向け
一度植えてしまうと、手間もほとんどかかることなく8年ほどに渡り収穫することができますが、1年目は株を大きくするため、収穫しません。

時期

・植えつけ:春~秋(3月下旬~10月中旬)
秋~冬が適期なので,味のいい大株をとるなら,9月まきが最適です。

・剪定や摘芯:双葉が開くころ,あるいは本葉が1枚出るころ,間引きを行います。3~4cm間隔になるように間引きし,手で軽く土寄せしておきます。

・開花: なし

・肥料:草丈が7~8cmになったころ,追肥・土寄せをします。

・収穫:5月上旬~2月下旬(1~2か月)
草丈が25~30cmになったら,順次収穫です。根を残してハサミで刈り取れば,何度でも収穫が楽しめます。

おすすめの土壌の状態(用土):ミズナは,水はけがよい砂質土壌を好みます。2週間前までに石灰を,1週間前までに施肥をして,よく耕しておきましょう。

手入れ:夏~秋は,病害虫対策が必須です。
アオムシ・コナガ,カブラハバチの幼虫と,アブラムシが媒介するウィルス病に注意してください。

育てるコツ(栽培方法)
間引き
ミズナの葉は,横に伸びるようにふくらんでいきます。
混みあっているところは,風通しがよくなるように,根から間引きして株間をあけていくと,大株に育ちます。
収穫を遅らせるほど大きくなり,寒さにあうたび,おいしさが増していきます。サラダで食べるなら,小株どりにするのもよいでしょう。

育てたミズナを使ったオススメレシピを紹介します!

ミズナレシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする