青梗菜/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

青梗菜について

説明科名:アブラナ科

学名:Brassica chinensis

原産地:地中海

草丈:30~35cm

栽培難易度:★初心者向け

・植えつけ:春(4月中旬~5月下旬),秋(9月上旬~10月下旬)
冬の寒い時期を除けば,年中栽培が可能ですが,秋まきのほうが簡単です。

・剪定や摘芯:
1回目の間引き:双葉が開いたころが,1回目の間引きのタイミングです。株間が3~4cmになるように間引きます。
2回目の間引き:本葉が4~5枚になったら,株間が10~15cmになるように間引きます。

・肥料:2回目の間引きが終わったら,追肥をして,株元に土寄せをします。

収穫
5月中旬~7月上旬,10月中旬~12月中旬(約1.5か月)
草丈が15~20cmになったら,収穫です。
ハサミで根元から切り取ります。


手入れ
土壌適応が広いチンゲンサイですが,肥沃な土壌ほど適しています。
秋まきの2週間前までに石灰を,1週間前までに施肥をして,耕しておきます。
高さ10cm程度の畝を立てておきます。


おすすめの土壌の状態(用土)
暑さや病気にも強く,育てやすい野菜ですが,アブラナ科なので,害虫対策を忘れずにしましょう。
春まきは,とう立ちしやすいので,トンネル栽培がおすすめです。


育てるコツ(栽培方法)

間引き
チンゲンサイの特徴は,マルマルとしたかわいいお尻。
株間を15~20cmあけると,お尻が丸く張った,大きなチンゲンサイが育ちます。
マルチでもすじまきでも,間引きをしっかりとすることが成功のポイントです。

育てた青梗菜を使ったオススメレシピを紹介します!

青梗菜レシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする