カリフラワーレシピ

スポンサーリンク

ここでは、カリフラワーのオススメレシピについて紹介します

料理のまえに豆知識として覚えておきましょう!

カリフラワーは、サラダやポタージュはもちろんのこと、フリッター、グラタン、蒸し焼き、フライなどいろんな国でさまざまな楽しみ方で食されています。

なかでもインドはカリフラワーをたくさん食べる国として知られています。

その直径は30センチにも及ぶものもあり、大型のカリフラワーです。

その形もユニークで、つぼみの形がすべて円錐形をしています。

味も甘味が強く、ゆでるとヒスイのような色に変化します。

また、カリフラワーの中にも、紫色の花蕾を持つバイオレットクイーンや、ゆでるとオレンジがこくなるオレンジブーケなど様々な種類があります。

今回は、カリフラワーで作るチーズ焼きをご紹介しましょう。

<カリフラワーのチーズ焼き>
・材料2人分
カリフラワー  半分(小房に分けて、小麦粉と酢を少量入れた熱湯でゆでておく)
チーズソース材料
<マヨネーズ  大さじ1 溶けるチーズ  大さじ1  牛乳 大さじ2  塩・コショウ  少々>
パセリのみじん切り  大さじ1

作り方

ゆでたカリフラワーに、チーズソース材料を混ぜ合わせたものをあえ、耐熱ガラスにいれます。
あらかじめ熱したオーブンで、焼き色をつけパセリをふって出来上がりです。

まとめ

カリフラワーは、少し広い場所が必要ですが、比較的育てやすい葉物植物です。
害虫を避ける対策をとり、追肥や土寄せを行うとうまく育ちます。
カリフラワーの栄養素としては、ビタミンCがとても豊富な野菜であることがよく知られています。
ビタミンCは美肌効果があるだけでなく、疲労回復にもとても効果があります。
そのうえ、加熱によるビタミンCが減ることが少ないのが特徴です。
またカリフラワーに含まれているイソチオシアネートという成分は、私達の免疫機能をアップさせる働きも期待できます。
味のくせもあまりなく、いろんな料理に使えるカリフラワーをもっと毎日の食卓に登場させたいものですね。
ぜひ、あなたの畑でカリフラワーを育ててみませんか。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする