アスパラ/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク

アスパラについて


説明科名:クサスギカズラ科

科学名:Asparagus

原産地:地中海東部

草丈:30cm

主な開花期: なし

栽培難易度:★★★
一度植えてしまうと、手間もほとんどかかることなく8年ほどに渡り収穫することができますが、1年目は株を大きくするため、収穫しません。

時期
1年性。春ころ芽が出始めたら随時収穫可能です。

・植えつけ:3月中旬から5月下旬 種をまいてから一カ月程度経過したころ、本葉が3枚程度ついた頃が植えつけに適しています。5月上旬頃が良いでしょう。株間を30cm程度あけ、株元を1cm程度埋まるように植えつけします。

・摘心:草丈が10cm程度になったら、10cm間隔程度に間引きを行い、一本立てにしましょう。

・開花: なし

・肥料:畑に植えつける2週間程前に苦土石灰を1m2150g入れよく耕します。植えつけ後に、株が成長し、茂ってきた頃に行います。支柱を立て、苗が倒れないようひもで固定します。
冬になると茎や葉など、地上に出ている部分は枯れてしまいますので、枯れたら株元から取り除きます。追肥を様子を見ながら月1回程度行い、追肥後は軽く土寄せしましょう。

・収穫:2年目の4月から6月頃が収穫時期です。新芽が20cm程度成長した頃が目安です。1年収穫を伸ばし、株を大きくすることによって、太くおいしいアスパラになります。

おすすめの土壌の状態(用土):肥料が途切れないようにしましょう。また、乾燥に強く、湿気には弱い性質があるので、土が乾燥していて水をあげるのは良いですが、1度
に留めるようにしましょう。また、梅雨時期には、風通しの良い場所へ移動した方が良いです。

手入れ:秋に地上部分が枯れたら、地面のきわから刈り取ります。追肥することを忘れず行うようにしましょう。夏場あまりに乾燥してしまうと悪影響ですので、根元にわらを敷いて乾燥を防ぐことをおすすめします。また、風に弱いので、支柱を立てて、倒れることを防ぐと良いです。

育てるコツ(栽培方法):
コツはほとんどありません。種を植えてしまえば、手間はほとんどかける必要がありません。しかし、種から育てると収穫まで3年程度を見なければなりません。
早く収穫したいとお考えの方は、市販の苗から育てることをおすすめします。苗からの収穫だと、種からよりも1年程度は短くなります。収穫は太い芽が出ているうちに終えることで、翌年の根株が充実してきます。

育てたアスパラを使ったオススメレシピを紹介します!

アスパラレシピをクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする