さつまいも/植え方/育て方/栽培

スポンサーリンク
さつまいもについて
 

説明科名:ヒルガオ科サツマイモ属

学名:Ipomoea batatas

原産地:中央アメリカ

栽培難易度:★

 

比較的初心者でも育てやすい野菜です。

1、時期:植え付けは春で収穫は晩秋。

苗の準備:茎は太めで葉色が良く長さが約25cm30cmで、厚みのある苗を用意します。植え付け:5月から6月に、30cmくらい間隔を取りながら苗を水平植えをしましょう。深さ6~7cmのところに、植穴を掘りましょう。ポイントは必ず葉を地面の上に出すことです。剪定や摘心:蔓を持ち上げながらひっくり返したりし、不定根を切りましょう。肥料:ごく控えめ、若しくは入れない方が良いです。収穫:収穫は植え付け後100120日ぐらいが目安です。9月下旬から11月上旬の天気の良い日。霜が降りる前までに収穫しましょう。収穫後、サツマイモを45日間、風通しのよい日陰で干すと、更に甘くなります。

2、おすすめの土壌の状態:乾燥した酸性の土壌が良いとされています。苦土石灰を入れるか、若しくは入れなくても良いです。

3、手入れ:植え付けた直後は水やりをしっかりとしましょう。ツルが畑全体を覆う前までの間は雑草を数回取りをしましょう。根が活着したら、水やりも不要です。

4、育てるコツ(栽培方法):苗を植え付けする時は、葉が土の表面から出るようにしましょう。初心者は肥料を使用しない方がいいかもしれません。また収穫はし霜が降りる前までにしましょう。

5楽しみ方:サツマイモの葉柄は食べる事も出来ます。特にきんぴら等にするのがおすすめです。そして収穫時期にはお子様等も一緒に芋掘りを楽しめるのが楽しみの一つです。

6、まとめ:比較的初心者でも簡単に栽培出来る上、荒れた土壌でも手をさほどかけずに育つため、とても栽培しやすいです。またサツマイモは栄養素が高く、リンゴの10倍以上もビタミンCが含まれています。収穫も楽しく出来るの、おすすめな栽培です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする