こまつなレシピ

スポンサーリンク

ここでは、小松菜のオススメレシピについて紹介します

料理のまえに豆知識として覚えておきましょう!

小松菜は、原産は中国ですが、それが日本の江戸川区の「小松川」で栽培されていたためこの名前がついたといわれています。

食物繊維をたっぷり含み、多くの栄養素を含んでいることでも重宝されている葉物野菜です。

カルシウムも豊富なので骨粗鬆症予防にも期待されている野菜です。
今回は、とても簡単にできる小松菜の料理を紹介しましょう。

<小松菜のあっさり煮>
・材料2人分
小松菜  1つ
ごぼう天  2本
水  150cc
即席和風だし(顆粒)  小さじ1
みりん  小さじ2
しょうゆ  小さじ1

作り方

ごぼう天を一口大に切って熱湯をかけ油抜きします。
小松菜は、5センチくらいに切っておきます。
水を熱して、和風だし、みりん、しょうゆをいれひと煮たちさせます。
そこにごぼう天を入れ、少し煮ます。
小松菜を加えて火が通れば出来上がりです。

まとめ

小松菜は、プランターでも育てることができ、比較的育てやすい作物の一種です。
栄養も豊富で、毎日でもなにかしらの方法でとりたいものですね。
小松菜は、アクガ少ないので料理しやすい葉物野菜です。
ここに紹介したように、骨粗鬆症の予防にぜひとりたいものですので、油脂を含む食品などと合わせて料理するとカルシウムの吸収が一層いいでしょう。
小松菜は、ベビーリーフとして、サラダなどでもおなじみになりました。
従来の料理法だけでなく、スープ、炒め物、煮物、あえ物、など多くの料理法も知られるようにもなっています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする